2009年08月01日

マンホールも穴だらけ

吉見町マンホール

埼玉県吉見町の汚水マンホール。
古代の雰囲気漂う埴輪と吉見百穴の組合せ。
町の西端、東松山市との境近くに国指定史跡の吉見百穴があります。丘陵の斜面にたくさん掘られた横穴式の古墳群。このほかにも八丁湖そばに県指定史跡の黒岩横穴墓群があります。
埴輪は、町内に埴輪を焼いた窯跡があることに因んでいます。和名埴輪窯跡群(県選定重要遺跡)など。埋蔵文化センターでは埴輪作りの体験ができます。
松の木が描かれていますが、町の木はケヤキです。これは吉見百穴に茂っている松ですね。

吉見町マンホール
▲吉見町東野辺り。信号を右に進むと「道の駅いちごの里よしみ」があります。

吉見百穴
▲吉見百穴。現在では219基が確認されていて、中に入ることができる横穴もあります。
営業時間8:30〜17:00、入園料300円、駐車場あり。

(写真:2007年11月18日撮影)
posted by 葉月 at 22:31| Comment(30) | TrackBack(0) | マンホールの数々

踏むに踏めない大御所家康公マンホール

静岡市「大御所家康公駿府城入城四百年祭」記念マンホール

静岡県静岡市葵区にある駿府城跡付近で見つけた「大御所家康公駿府城入城四百年祭」記念消火栓マンホール。家康公の甲冑、安倍川、富士山の組合せ。
マンホールとは言え、踏み絵じゃないですがこの甲冑部分はちょっと踏みにくいですねぇ。

徳川家康公が駿府城に入城した1607年から400年を記念して2007年4月から2008年3月まで開催された四百年祭を記念して作製されたものです。

甲冑は言うまでもなく家康公を表していますが、安倍川は家康公が大規模な治水工事を行っており、静岡名物「安倍川もち」でも有名ですね。
また旧国道1号(現県道208号)に架かる安倍川橋は、1923(大正12)年架橋で中部地方では最古、ボーストリングトラス橋として最長の約490.8mという歴史に残る橋です。

駿府城跡の石垣とマンホール
▲駿府城巽櫓近くの城代橋と石垣。

駿府城巽櫓
▲駿府城巽櫓。1989(平成元)年に市制100周年を記念して復原。

府中弥次喜多像
▲府中弥次喜多像。『東海道中膝栗毛』の作者、十返舎一九は駿府の生まれ。

(写真:2009年7月19日撮影)
posted by 葉月 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マンホールの数々

2009年07月30日

灘の酒・西宮郷と甲子園

西宮市マンホール
(画像提供:A.Sさん)

兵庫県西宮市の雨水マンホール。
甲子園球場と酒蔵、市の花サクラの組合せ。立体感のある写実的な表現。

酒蔵の多い西宮は「灘五郷」のうちの一つ「西宮郷」で、明治時代にはマンホールに描かれているような煉瓦造りの酒蔵が幾つも建てられたようです。今でも多くの酒造業者がありますが、昔の酒造りの様子を伝えようと酒蔵通り付近に「白鹿記念酒造博物館」や「日本盛酒蔵通り煉瓦館」があります。

また、甲子園球場は正式には「阪神甲子園球場」といい1924(大正13)年の建造。その造りは堅牢で70周年を経た1995(平成7)年の阪神・淡路大震災では大きな被害はなかったそうです。アルプススタンドは1929(昭和4)年の増築です。

西宮市のマンホールには、このほかにカエルの描かれた小型のマンホールもあるそうですが、A.Sさん、こんどはそちらも見つけたらよろしくお願いします。

(写真:2008年4月撮影)
posted by 葉月 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マンホールの数々

2009年07月29日

こんぴらさんの石段

琴平町マンホール

香川県の琴平町にある「こんぴらさん」こと金刀比羅宮の石段と町の花である美女桜を描いたマンホール。
こんぴらさんは長い石段(奥社まで1368段)でも知られますが、参拝客が駕籠に乗っている様子も描かれています。軒を連ねる店は名物の讃岐うどん店でしょうか。

琴平町マンホール
▲突き当たりに見える三角屋根は、JR土讃本線琴平駅。大正時代の建築です。

金刀比羅宮表参道
▲表参道の賑わい。「参拝しあわせ号」とありますが、琴平バスが運行している途中まで石段をパスして行ける参拝登山バス。マンホールに描かれた駕籠の現代版でしょうか。

金刀比羅宮参道階段
▲こんぴらさんの石段、桜馬場の辺り。約400段目。マンホールの石段は、ここではなくもっと下の土産物店の並ぶ一ノ坂辺りと思われます。

(写真:2008年12月31日撮影)
posted by 葉月 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マンホールの数々

2009年07月28日

これがなにわの大阪城

大阪市マンホール

大阪市中央区今橋3丁目。国指定重要文化財に指定された日本最古の木造園舎の市立愛珠幼稚園前で見つけたマンホールです。
大阪のシンボルである大阪城と市の花である桜を配し、大阪府によると「都市と水の調和」を表現しているそうです。てっぺんには大阪市章(みおつくし・澪標=かつて難波江の浅瀬に建てられていた水路標識)があります。

ちなみに、このカラーバージョンのマンホールは六分の一サイズ(10cm)のゴム製コースター「これがなにわのマンホール」として通天閣などで販売されています。ちゃんと大阪市都市環境局が制作協力しています。(勿論、購入しました↓)

大阪市マンホール コースター(表)
大阪市マンホール コースター(裏)


大阪市マンホール
▲右の木造建築が市立愛珠幼稚園。高層ビルの建ち並ぶ中に存在するのが驚き。奥は御堂筋。

大阪城天守閣
▲大阪城天守閣。1931(昭和6)年建造。外観が白と黒の二色ですが、下の初層から4層までが徳川時代(白漆喰)で最上部の5層が豊臣時代(黒漆)の外観となっています。豊臣時代の大阪城はその堅固さから「三国無双」と呼ばれましたが、徳川時代の天守閣とは位置も規模も異なっているため、この復興天守の姿は実在しなかったものです。

(写真:2009年5月30日、天守閣のみ2007年8月18日撮影)
posted by 葉月 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | マンホールの数々

2009年07月27日

港都横浜のマンホール

横浜市港湾局マンホール

赤レンガ倉庫近くで見つけた横浜市港湾局のマンホール。
「PORT OF YOKOHAMA」「1859」と記された絵デザインは、1981(昭和56)年に横浜港港湾管理30周年を記念して制定された横浜港シンボルマークをもとに、若干アレンジされたもの。(凸凹を付けるためか雲と波が追加されている)

描かれているのは、1935(昭和10)年に外防波堤に建造された白灯台と貨物船。白灯台は今でもベイブリッジの展望室か、港内遊覧船から見ることができる。
「1859」は横浜が開港した年(安政6年)。今年2009年は、その開港150周年記念の年で、「開国博Y150」が開催されている。

赤レンガ倉庫とマンホール

(写真:2009年7月26日撮影)


タグ:神奈川県
posted by 葉月 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マンホールの数々

2008年01月02日

郷土文化財コレクション 更新情報

<<メインWEBサイト『郷土文化財コレクション』最近の更新情報です>>

◆2008/01/02
 ・[資料棚]埼玉県吉見町を追加
 ・[探訪録]安楽寺(吉見観音)、吉見百穴を追加

◆2008/01/01
 ・[資料棚]神奈川県横浜市中区を更新
 ・[探訪録]神奈川県横浜市中区の史跡を追加

※詳しい更新情報はこちら
posted by 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト関連

2007年10月21日

小さな看板大きな教え 〜向ヶ丘遊園駅の片隅で〜

向ヶ丘遊園駅の看板

この年季の入った小さな看板と出会ったのは、高架複々線化が進み古い駅舎が次々に消えてゆく中、かつてよく見かけた私鉄電車の郊外の駅の趣を残している小田急電鉄向ヶ丘遊園駅の通路でのことだった。
この駅はかれこれ30年近く前から度々利用していたのに、この看板に気付いたのがなぜ今日という日だったのだろうか。

「人間、己の身の回りのことはわかっているつもりでも、意外と見えていないことが多いのだよ」と、この小さな古ぼけた看板にそっと教えられた気がする。

さてしかし、そこに書かれている字句を最初読んだとき私は、こう解釈して頭の中に?が浮かんできて首を傾げた。
“観光地をよごすと世界から友がやってくるぞ!”と。その「友」って誰だ?と。
そしてこの無骨な雰囲気の影響か、なんだか“腕っ節の強い友人を呼ぶぞ!”と脅されているような気迫をも感じ取ったのだった。

気迫に押されながらも真意が読め、思わず「はいっ、世界のお友達(観光客)のためにもよごしませんっ」と平伏しそうになったが、ここは向ヶ丘遊園駅。
確かに2002年(平成14年)までは向ヶ丘遊園という観覧車や花畑のある人気の遊園地があり、2000年(平成12年)まではこの駅からモノレールも走っていたお出かけスポットには違いなかった。
しかしそれが世界的な観光地だったとは・・・思えないが。

そうか!看板に「神奈川県」とあるが、これは県内にある鎌倉や箱根の街に設置した看板を流用したものではなかろうか、と推測してみる。
このような、本来あるべきところではないところに存在しているものを見つけるのは楽しいものだ。

↓看板のある向ヶ丘遊園駅構内の通路。画面左の柱に貼り付けてある。
向ヶ丘遊園駅の通路

(写真:2007年10月20日撮影)

posted by 葉月 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 看板の数々

2007年10月17日

忍野の風光明媚なマンホール

忍野村のマンホール

自転車ツーリングで山梨県忍野村を走っていて見つけたのがこの下水マンホール。
風光明媚な忍野の景色をそのまま切り取って貼り付けたような、茶室の丸窓から眺めたようないい雰囲気です。

描かれているものを見てみると、右手前に「水車小屋」、その左下には「忍野八海の湧水池」、その上には「ハリモミ樹林」、そして遠方に「富士山」、水車小屋には「モミジ」がかかってます。

これ以外にあるか、とばかりに忍野の景観を形作る要素が詰まってますね。
また切り絵のようなタッチが趣を添えています。
これは是非、カラーマンホールで見てみたい作品です。

忍野の景色の写真がありませんが、マンホールに見入ってて景色を撮るのを忘れてました・・・
あ、仲間が撮った写真がありました!
なんだこれ?! ここにも!

忍野村の忍野八海紹介ページ

(写真:2007年10月13日撮影)

posted by 葉月 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マンホールの数々

2007年10月01日

2007年10月の表紙写真

2007年10月号表紙写真「松方別邸」

栃木県那須塩原市の千本松農場に建つ西洋館「松方別邸」です。

◇2007年10月号表紙写真のページはこちら↓(PC版)
 http://hazukimap.sakura.ne.jp/Gallery/hyoushi/2007-10.htm
posted by 葉月 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト関連