2009年08月01日

マンホールも穴だらけ

吉見町マンホール

埼玉県吉見町の汚水マンホール。
古代の雰囲気漂う埴輪と吉見百穴の組合せ。
町の西端、東松山市との境近くに国指定史跡の吉見百穴があります。丘陵の斜面にたくさん掘られた横穴式の古墳群。このほかにも八丁湖そばに県指定史跡の黒岩横穴墓群があります。
埴輪は、町内に埴輪を焼いた窯跡があることに因んでいます。和名埴輪窯跡群(県選定重要遺跡)など。埋蔵文化センターでは埴輪作りの体験ができます。
松の木が描かれていますが、町の木はケヤキです。これは吉見百穴に茂っている松ですね。

吉見町マンホール
▲吉見町東野辺り。信号を右に進むと「道の駅いちごの里よしみ」があります。

吉見百穴
▲吉見百穴。現在では219基が確認されていて、中に入ることができる横穴もあります。
営業時間8:30〜17:00、入園料300円、駐車場あり。

(写真:2007年11月18日撮影)
posted by 葉月 at 22:31| Comment(30) | TrackBack(0) | マンホールの数々

踏むに踏めない大御所家康公マンホール

静岡市「大御所家康公駿府城入城四百年祭」記念マンホール

静岡県静岡市葵区にある駿府城跡付近で見つけた「大御所家康公駿府城入城四百年祭」記念消火栓マンホール。家康公の甲冑、安倍川、富士山の組合せ。
マンホールとは言え、踏み絵じゃないですがこの甲冑部分はちょっと踏みにくいですねぇ。

徳川家康公が駿府城に入城した1607年から400年を記念して2007年4月から2008年3月まで開催された四百年祭を記念して作製されたものです。

甲冑は言うまでもなく家康公を表していますが、安倍川は家康公が大規模な治水工事を行っており、静岡名物「安倍川もち」でも有名ですね。
また旧国道1号(現県道208号)に架かる安倍川橋は、1923(大正12)年架橋で中部地方では最古、ボーストリングトラス橋として最長の約490.8mという歴史に残る橋です。

駿府城跡の石垣とマンホール
▲駿府城巽櫓近くの城代橋と石垣。

駿府城巽櫓
▲駿府城巽櫓。1989(平成元)年に市制100周年を記念して復原。

府中弥次喜多像
▲府中弥次喜多像。『東海道中膝栗毛』の作者、十返舎一九は駿府の生まれ。

(写真:2009年7月19日撮影)
posted by 葉月 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マンホールの数々