2007年02月23日

「左折バック進行」曹源寺さざえ堂

さざえ堂駐車場の看板

群馬県太田市にある曹源寺のさざえ堂は、堂内が螺旋状になっている特異な構造を持つお堂で、日本三大さざえ堂の一つです。(他は埼玉県本庄市(旧児玉町)の成身院と福島県会津若松市の旧正宗寺)
その拝観者用駐車場で見つけた味のある手書きの看板が上の写真です。

駐車場は狭かったと思いますが、乗用車で来た方はこの看板を見ても意味がよく分からないと思います。
書いてあることは非常に端的で“「観光バス」は「左折バック進行」せよ。以上「さざえ堂」より”ですが、おそらく大型バスの運転手さんには「なるほど!そうすれば停められるぞ」と直感でわかるのでしょうね。きっと。

しかしこの文字の大きさの不統一がなんとも言えない味を出しています。
最も強調しているのは「左折」のようですね。
とにかくまず左折しろと。そしてバックで進めと。・・・う〜ん、わかるようなわからないような。

推察するに、この看板を書かれた方は、大ざっぱだが面倒見がよく、そしてちょっとお節介なところがある性格、とお見受けしました。
どうなんでしょ。
さて、そんなさざえ堂はこんな建築です↓
曹源寺さざえ堂

(2002年6月3日撮影)
posted by 葉月 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 看板の数々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3405306

この記事へのトラックバック

会津若松市
Excerpt: 会津若松市について書かれた
Weblog: 会津若松市
Tracked: 2007-03-01 23:42